欠かせない水道、給湯器の修理で必要なこと

これからの季節特に故障、修理を避けたいのがガスの給湯器ではないでしょうか。これからますます寒くなるこの時期に給湯器 水漏れなどによって故障すると家中のお湯が使用できなくなります。それによってお風呂やキッチン、洗面所などが使用できなくなり、生活に大きな影響を及ぼします。早急な解決につながればいいですが、修理や交換に日数を要してしまうことも大いに考えられます。これからの時期は特に寒さによって漏れた水が凍結し、給湯器だけではなく水道管などにもダメージを及ぼすこともあります。トラブルが起きないようにすることも大事ですが、起きたときに困らないよう情報を集めておきましょう。

■給湯器の水漏れ原因

給湯器が水漏れするにはいくつかの原因があります。まず、長期間未使用の場合です。出張や旅行などで長期間自宅を不在にする場合に、水道管内で溜まった水が凍ってしまい、水が流れなくなる場合があります。特に北国の寒い地域では長期間家を空ける場合には水道の水抜きを行ってから家を空けるようにしましょう。
また、経年劣化による故障も挙げられます。水道の寿命は大体7年から10年です。長年の使用によって水道管やパッキンが劣化し、故障して修理が必要になるケースがあります。
新しい給湯器が水漏れを起こしている場合もあります。その際は設置業者の整備不良の可能性も考えられます。

■水漏れを放置する危険性

給湯器の水漏れはすぐに使用できなくなるということはまず少ないものです。少しの異常でも普段の生活に支障がない場合もあります。しかし、ずっと放置をしておくことはとても危険です。なぜなら、不完全燃焼によって安全装置が作動しないケースもあるからです。不完全燃焼により一酸化炭素が発生し、気づかないうちに一酸化炭素中毒を起こしてしまう恐れもあります。特に一酸化炭素は無色無臭で気づかないことが多いので、そうなる前に異常を感じたときには注意をしましょう。

■まとめ
給湯器の水漏れや故障は頻繁に起こるトラブルではありません。しかし、さまざまな原因が重なると水漏れや故障につながります。長年使用しているものや未点検で使用しているもの、給湯器の音がいつもと違う場合などのときは特に注意し点検をしましょう。給湯器の故障は修理で済まない場合も多く、交換になる場合も少なくありません。そうなると予想以上に出費もかさみます。少しでもリスクを避けるためにも普段から点検や違和感に気づくことが何よりも重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ